のぶさんのデジカメ散歩

リタイア後の気侭な人生、デジカメ散歩を謳歌してます。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

千葉市ゆかりの家・いなげ

明治21年、稲毛海岸が療養用の海水浴場として開設されると、東京からほどよい距離の稲毛は保養地、別荘地として注目されるようになります。「千葉市ゆかりの家・いなげ」として管理されるこの家も、そんな別荘のうちの1軒で、昭和12年には、中国清朝「ラストエンペラー」となった愛新覚羅溥儀の実弟・溥傑夫妻が、半年ほど暮らしています。

大正初期に建てられた別荘は、平屋の主屋と庭の離れから構成されており、内は、漆塗りの枠の腰付障子、菱格子で飾られた欄間、高く張られた格天井などの意匠が凝らされています。居間には洋間が付いていますが、これは離れを築いた時の増築です。保養地としての稲毛の歴史を今に伝える貴重な和風別荘建築として、千葉市地域有形文化財(建造物)に登録されています。

昭和12年、愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)の弟、溥傑(ふけつ)と嵯峨公爵の長女、嵯峨浩が新婚時代を過ごしたのがこの家です。溥傑は当時、千葉市作草部町(現・千葉市稲毛区天台)にあった陸軍歩兵学校に在籍した関係で、この家で暮らしたのです。

平成27年10月7日放送のNHK『歴史秘話ヒストリア』は、「満州のプリンセス 愛の往復書簡~夫婦の心をつないだ55通~」という溥傑夫妻の絆がテーマでしたが、この新婚生活をおくった家も紹介されています。

ゆかりの家 20170511-001

ゆかりの家 20170511-002

ゆかりの家 20170511-003

ゆかりの家 20170511-004

ゆかりの家 20170511-005

ゆかりの家 20170511-006

ゆかりの家 20170511-007

ゆかりの家 20170511-008

ゆかりの家 20170511-010

ゆかりの家 20170511-011

ゆかりの家 20170511-012
ハクウンボク(白雲木)は、白い小花を鈴なりにつける姿が空にたなびく白雲にみえることから、その名がつけられた小高木で、5月はじめ頃になるとかわいらしい花が咲きます。
皇室と縁のある浩が、溥傑と結婚し満州国に渡るときに、貞明皇后より白雲木の種子を拝受しました。
裏庭にある白雲木は、その孫木であり、夫妻の次女である福永嫮生氏から、この家の一般公開を記念して、寄贈していただきました。
訪れた時には、開花期を過ぎており、満足な写真が撮れず、この写真は、6年前に撮ったものです。


千葉市ゆかりの家・いなげ:千葉市稲毛区
Panasonic LUMIX DC- FZ85 光学60倍ズーム f=3.58mm ~215mm (35mmフイルムカメラ換算 20mm-1200mm)
2017.05.11 撮影
【 2017/05/14 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

上野東照宮 その3


公開ゾーンを出ると古色蒼然とした銅製の燈籠が気になり帰宅後に、サイト検索でその由来を調べると・・・
銅燈籠は、全部で48基あり、国指定重要文化財で、それらは諸大名から奉納されたもので、唐門両側の6基は、内側より紀伊・水戸・尾張の徳川御三家より2基ずつ寄進されたものです。 また、境内には平和を祈念した「広島、長崎の火」がともっています 。



003 上野東照宮 20170416-021

003 上野東照宮 20170416-022

003 上野東照宮 20170416-023

003 上野東照宮 20170416-024

003 上野東照宮 20170416-025

003 上野東照宮 20170416-026

             003 上野東照宮 20170416-027


上野東照宮:東京都台東区
Panasonic LUMIX DMC-TZ85 光学30倍ズーム f= 4.3mm ~129mm (35mmフイルムカメラ換算 24mm-720mm)
2017.04.16 撮影
【 2017/04/20 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

自宅周辺の花

天候不順が続き、ソメイヨシノの満開が遅くなり、この日(4/12)、ヤット花見川沿いのサクラ並木も満開となり撮影を終えた帰り道で見つけた花は、ハナカイドウ(花蘇芳)、ハナモモ(花桃)、ベニシダレ(紅枝垂れ)の三種類です。

ハナズオウ 20170412-001

ハナズオウ 20170412-002

ハナズオウ 20170412-003
ハナズオウ(花蘇芳)は、明るい茶色の樹皮が美しい落葉花木で、春になると葉が出る前に、赤みを帯びた紫色の小さな花を密集して枝につけ、ひときわ目を引く存在となります。枝はあまり横には広がらずほうき状となり、株立ちやそれに近い樹形になります。花後に展開するハート形の葉や、房なりになる豆果(とうか)もかわいらしいものです。

ハナモモ 20170412-001

ハナモモ 20170412-002
ハナモモ(花桃)は、中国原産の落葉樹で、日本には古い時代に渡来しました。古くから親しまれ、ひな祭りの花として現在でもよく知られています。果実を食用とする果樹として扱う品種と、花を観賞する花木として扱う品種があります。花木として扱う品種は、特にハナモモと呼ばれます。

ベニシダレ 20170412-001

ベニシダレ 20170412-002

ベニシダレ 20170412-003

ベニシダレ 20170412-004
ベニシダレ(紅枝垂れ)は、春、枝垂れた枝に紅紫色の一重の五弁花を咲かせるバラ科サクラ属の小高木の桜です。江戸彼岸の枝垂れ型で、花色が濃いです。もっと花色が薄い桜に、シダレザクラ(枝垂桜) があります。枝垂桜より後に咲き、花は平開しません。八重のヤエベニシダレ(八重紅枝垂桜・遠藤桜もあります。


千葉市花見川区
Panasonic LUMIX DMC-TZ85 光学30倍ズーム f= 4.3mm ~129mm (35mmフイルムカメラ換算 24mm-720mm)
2017.04.12 撮影
【 2017/04/17 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

新宿御苑 2017 その4

フクジュソウを撮影後、近くのレストランゆりのき前のカワズザクラカを撮影し、レストランでランチタイムにする。

新宿御苑 20170131-030

新宿御苑 20170131-031

新宿御苑 20170131-032
カワズザクラ(河津桜)は、ヒカンザクラと早咲きオオシマザクラの自然交配種とみられ、静岡県河津町に多く自生する。2月ごろ、一重で淡紅色の花をつける。

新宿御苑 20170131-033

新宿御苑 20170131-034

新宿御苑 20170131-035

新宿御苑 20170131-036

新宿御苑 20170131-037
カンザクラ(寒桜)は、1月頃から咲き始める早咲きの桜で、別名でガンジツザクラ(元日桜)と呼ばれます。 花は小さな一重桃色です。

新宿御苑 20170131-038

新宿御苑 20170131-039

新宿御苑 20170131-040
ロウバイの花には、多数の花被片がある。これらの花被片のうち、外側のものは、大形で黄色であるが、内花被片は、小形で暗紫色である。しかし、ソシンロウバイ(素心蝋梅) は、ロウバイと異なり、内花被片の色も、外側の花被と同じ黄色である。


新宿御苑:東京都新宿区
Panasonic LUMIX DMC-TZ85 光学30倍ズーム f= 4.3mm ~129mm (35mmフイルムカメラ換算 24mm-720mm)
2017.01.31  撮影
【 2017/02/05 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
黒ねこ時計 くろック B03
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
のぶさんのブログへようこそ!
Doblog から引越し、早いもので6年を経過し、訪問者も延べ10万人を超え喜んでおります。
千葉市に住み39年、気侭にデジカメ散歩を楽しむ、のぶさんは、孫から、ジイジと呼ばれております。
これからも、元気の証としてブログに写真投稿を続けます。(2015.06.16)

写真は、桔梗の花 
 2010.07.08 撮影

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード