のぶさんのデジカメ散歩

リタイア後の気侭な人生、デジカメ散歩を謳歌してます。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106
月別アーカイブ  【 2012年05月 】 

東京さわやか散歩 弐の11 ①

今回の東京さわやか散歩は、52番目のコース《南千住から北千住》です。旧日光街道の宿場町、やっちゃ場とした栄えた町並みを歩きました。
自宅のあるJR駅から中央・総武線に乗り、JR秋葉原駅で下車、中央改札口を出て、少し離れた東京メトロ日比谷線:秋葉原駅へ。エスカレーターで地下1階の改札口を通り、地下2階のホームから北千住行きに乗車し5駅目で所要時間9分で南千住駅で下車。西口改札口を出て駅舎沿いに左に行くと突きあたりに回向院があります。

回向院は、小塚原刑場での刑死者の霊を弔う為に置かれた寺院で、吉田松陰など安政の大獄で刑場の露と消えた人物もこの地に埋葬されている他、杉田玄白ら蘭学者が解体新書の元となったオランダ語訳「ターヘル・アナトミア」を手に刑死者の腑分けをしていた事もあり境内には解体新書の扉絵のレリーフがある。

延命寺は、1895年(明治28年)に鉄道の敷設により小塚原回向院が分断され、1982年(昭和57年)に延命寺として独立。高さ約4mの「延命寺地蔵尊」(別名・首切地蔵)が鎮座しているのが目につきます。小塚原刑場の受刑者の菩提を弔うために、1741年(寛保元年)に刑場敷地内に建立されたもので、1895年(明治28年)の鉄道敷設工事のために、南千住貨物線の南から現在地に移されました。
昨年3月の東日本大地震に罹災し首切り地蔵の左腕が落下する被害を負い、現在修復寄付を募っております。

001 東京メトロ南千住駅 20120526-001

001 東京メトロ南千住駅 20120526-002

002 回向院 20120526-001

          002 回向院 20120526-002

002 回向院 20120526-003

          003 延命寺 20120526-001

003 延命寺 20120526-002

003 延命寺 20120526-003

          003 延命寺 20120526-004

004 真養寺 20120526-001

004 真養寺 20120526-002


東京都荒川区南千住界隈
PENTAX Q 
2012.05.26 撮影
【 2012/05/31 (Thu) 】 東京さわやか散歩 | TB(1) | CM(2)
黒ねこ時計 くろック B03
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
のぶさんのブログへようこそ!
Doblog から引越し、早いもので6年を経過し、訪問者も延べ10万人を超え喜んでおります。
千葉市に住み39年、気侭にデジカメ散歩を楽しむ、のぶさんは、孫から、ジイジと呼ばれております。
これからも、元気の証としてブログに写真投稿を続けます。(2015.06.16)

写真は、桔梗の花 
 2010.07.08 撮影

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード