のぶさんのデジカメ散歩

リタイア後の気侭な人生、デジカメ散歩を謳歌してます。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010
月別アーカイブ  【 2012年09月 】 

日本の伝統 2012 秋

展示内容が変わった本店ショーウィンドーギャラリーです。


日本の伝統 20120929-001 
日本の伝統-日本を詠う-「白」
昨年に続き、「日本を詠う」をテーマに風景や心の様(さま)を美しい言葉で写し出す和歌を取り上げます。日本の四季を詠う百人一首の美しい言葉の力を借りながら伝統の技が創り出す品々をご紹介していきます。
今回は、中納言家持(ちゅうなごんやかもち)が夜におりた霜の白さを、天上の橋のようだと詠った作品を取り上げました。素材がもつ柔らかな白、伝統的な技に支えられた白。日本で長く愛され続けてきた柔らかい色の世界を、展示品を通じてお楽しみいただければ幸いに存じます。
  かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける
                             中納言家持

日本の伝統 20120929-002 日本の伝統-日本を詠う-「和の白」
日本には色を表す伝統的な美しい名がたくさんあります。薄いピンク色は薄紅梅(うすこうばい)や桜色など春の花にたとえ、茶系の色は柿渋色(かきしぶいろ)や朽葉色(くちばいろ)といった秋を感じさせる名があります。
今回のテーマである「白」という色は古来より穢れ(けがれ)がない象徴であり、高貴な色として扱われてきました。しかし、自然の中には完璧な白はなく、少し黄が入っていたり青かったりしています。そのような微妙な色彩を細やかにとらえ、それぞれに名が付けられています。
今回は和紙、麻、漆(うるし)、灰、胡粉(ごふん)という異なる素材に見られる自然の白をご覧いただいています。どこか温かい色調が心を和ませてくれます。

日本の伝統 20120929-003

         日本の伝統 20120929-004
記憶紙 和菓紙三昧(きおくがみ わがしざんまい)
和菓子の木型で和紙をかたどったアート作品は、千葉県佐倉市にアトリエを構える永田哲也氏によるものです。全国各地の菓子匠の蔵を訪ね美しい型を探し出し、数々の作品を制作、発表しています。江戸時代から受け継がれてきた木型は、おめでたいもの、季節のものといった題材が多く見られます。その木型に白い手漉きの和紙をあて、長い年月を経た木型の持つ記憶ごと写し取る、ということから「記憶紙」と命名。美しく繊細な姿に日本文化の息づかいを感じます。

日本の伝統 20120929-005

         日本の伝統 20120929-006 
麻布行灯(あさぬのあんどん)
麻は通気性に優れ、光沢があり、また水に濡れると強度も増すことから、服をはじめ帆や縄まで幅広く使われています。婚儀の結納の際には、白い麻糸の束が、するめや昆布などと一緒に用意されます。この束は「友白髪」と呼ばれ、夫婦仲良く、ともに白髪が生えるまで添い遂げられますようにという願いが麻の白い糸に込められたものです。麻布を使った行燈。麻糸が織り成す生成り色を通した柔らかな光は温かみがあふれています。

日本の伝統 20120929-007

日本の伝統 20120929-008 白漆(しろうるし)
「白漆」といっても真っ白な色をしているわけではありません。基本となる透明の茶褐色の漆液に、二酸化チタニウムなどの顔料を混ぜ白色にします。しかし漆液に茶色が強く「白漆」とはいうものの、塗り上げた色は白と茶の中間のベージュのような色になります。
ところが使いこんでいくうちに、漆液の茶が抜け、少しずつ白さが感じられるようになります。年月とともに色の変化も楽しむことができる白漆の器。白くなるまで長く大切に使いたいものです。

日本の伝統 20120929-009

日本の伝統 20120929-010 灰(はい)
砂のように見える灰ですが、断熱作用があるにも関わらず、通気性に優れているため火のついた炭は燃え続けます。囲炉裏や火鉢では夜、火のついた炭に灰をかぶせておけば上に紙が落ちたとしても燃え移りません。そして翌日掘り返すと灰の中からまだ火のついた炭が出てくるのです。
くぬぎや楢を焼いて作られている灰は囲炉裏や火鉢に入れる他、あく抜きや陶器の釉薬にも使われています。

日本の伝統 20120929-011

日本の伝統 20120929-012 張子面(はりこめん)
室町時代に中国から伝来。江戸時代には全国へと普及し、各地で作られるようになった張子。とくに城下町では不要になった紙が多く出回ったため、型へ何重ね張りする張子産業が発展していったと言われています。
ニカワと胡粉は主に貝殻から作られ、日本画でも使われる白い塗料の一種です。展示品は姫路張子の面です。胡粉の土台の上に五穀豊穣祈願の狐などが元気に描かれています。


京葉銀行:千葉市中央区
Fine Pix F100fd 
2012.09.29 撮影
【 2012/09/30 (Sun) 】 日本の伝統 | TB(0) | CM(2)
黒ねこ時計 くろック B03
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
のぶさんのブログへようこそ!
Doblog から引越し、早いもので6年を経過し、訪問者も延べ10万人を超え喜んでおります。
千葉市に住み39年、気侭にデジカメ散歩を楽しむ、のぶさんは、孫から、ジイジと呼ばれております。
これからも、元気の証としてブログに写真投稿を続けます。(2015.06.16)

写真は、桔梗の花 
 2010.07.08 撮影

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード