のぶさんのデジカメ散歩

リタイア後の気侭な人生、デジカメ散歩を謳歌してます。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

浅草寺~お台場 その4

浅草寺境内を一巡した後、六区界隈を歩くと木馬座浅草演芸演ホールなど懐かしい大衆演劇の劇場があり、また、六芸神なる六体のブロンズ像がありました。

004 浅草界隈 20160317-031
木馬館
浅草寺のすぐ横手に位置する浅草木馬館は、昭和52(1977)年から大衆演劇の芝居小屋として開館。伝統工芸の職人の店が多数軒を並べている江戸下町の情緒が香る浅草だからこそ、大衆演劇がよく似合います。雷門から仲見世につながる参道を散策し、浅草寺でお参りをしてから観劇すると、お芝居が一層楽しくなるはず。古きよき時代の町並みに溶け込んだそのたたずまいには、どこか懐かしい温かさが満ちあふれています。その抜群の好立地もあり、全国の大衆演劇ファンの注目の劇場です。

004 浅草界隈 20160317-032
まるごとにっぽん
その昔、「江戸一番の繁華街」と呼ばれた「浅草」。明治時代に入ってからは、有名な『凌雲閣』を始め、劇場や演芸場といった、たくさんの大衆娯楽施設が創業。日本のエンターテインメントの中心地であると同時に、いつしか「東京らしい文化の発信地」として知られるように…。そして昨年12月17日(木)、毎年2800万人の観光客が訪れるこの地に、新たなランドマーク『まるごとにっぽん』がオープンしました。

004 浅草界隈 20160317-033
浅草演芸ホール
当ホールは、鈴本演芸場(上野)、新宿末廣亭、池袋演芸場とならぶ、東京の「落語定席」のひとつです。
「落語定席」とは、1年365日、休まずいつでも落語の公演を行っている劇場のことで「寄席(よせ)」とも呼びます。
昭和39(1964)年のオープン以来、10 日替わりで落語協会と落語芸術協会が交互に公演を行っています。
落語のほかにも、漫才、漫談、コント、マジック、紙切り、曲芸、ものまねなど、バラエティーに富んだ番組をご用意しています。

004 浅草界隈 20160317-034

004 浅草界隈 20160317-035
六芸神
六芸神(ろくげいしん)は、東京の浅草公園六区に祭られている六体のブロンズ像である。1996年4月、道路舗装の際に飾られた。毎月六の日には「六芸神まつり」というイベントも行われている。
この六体の小さな銅像は、それぞれ浅草にゆかりのある実在の人物をモデルにしている。しかし、製作に当たった東京芸大の話だと、「六芸神」は神様であるから、実在の人物を模してはいるものの特定の人物ではないということである。
向かって左から、
唄神(うたいがみ)…東海林太郎
直立不動の歌唱姿から東海林を模したものであろうが、東海林は1957年、東京浅草国際劇場で「東海林太郎歌謡生活25周年記念公演」を開催しているものの、あまり浅草には縁がない。
奏神(かなでがみ)…田谷力三(アコーディオンを弾いている)
田谷は声楽家であり、アコーディオンを弾きながら歌うことはなかった。アコーディオンを弾きながら歌ったのは藤山一郎である。
話神(はなしがみ)…古今亭志ん生
これは古今亭志ん生 (5代目)、三遊亭金馬 (3代目)、柳家小さん (5代目)のイメージで作られたものである。
戯神(おどけがみ)…大道芸人(氏名不詳。玉乗りをしている)
玉乗りの江川マストンのイメージである。尚、江川マストンは大道芸人ではない。
演神(えんじがみ)…榎本健一
これは間違いなく、榎本を模したものである。
踊神(おどりがみ)…水の江瀧子(紅一点。踊り子の扮装をしている)
水の江は男装の麗人であるので、このような格好はしない。モデルは初期のSKD(松竹歌劇団)の踊り子をイメージしたものである。

004 浅草界隈 20160317-036

004 浅草界隈 20160317-037

004 浅草界隈 20160317-038

004 浅草界隈 20160317-039
浅草六区
東京都台東区の浅草寺の西側、浅草1丁目と2丁目にまたがる繁華街。つくばエクスプレスの浅草駅が近い。
明治19年4月、浅草寺西火除地田甫の埋立計画により、諸興行小屋を新たな造成地に一括移転したことにより、このエリアが日本の興行の中心地となった。この地が「浅草公園第六区」と呼ばれたことから、通称「浅草六区」と呼ばれるようになった。
昭和30年台、テレビの普及や東京の他の繁華街へ発展によりこの地域の地盤沈下が顕著になるまで、大衆娯楽、映画等、日本のエンターテイメントの中心地であった。

004 浅草界隈 20160317-040


浅草六区界隈:東京都台東区
Panasonic LUMIX GH3 14mm-140mm(35mmフイルムカメラ換算 28mm-280mm)
2016.03.17 撮影
【 2016/03/21 (Mon) 】 東京散歩 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

黒ねこ時計 くろック B03
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
のぶさんのブログへようこそ!
Doblog から引越し、早いもので6年を経過し、訪問者も延べ10万人を超え喜んでおります。
千葉市に住み39年、気侭にデジカメ散歩を楽しむ、のぶさんは、孫から、ジイジと呼ばれております。
これからも、元気の証としてブログに写真投稿を続けます。(2015.06.16)

写真は、桔梗の花 
 2010.07.08 撮影

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード