のぶさんのデジカメ散歩

リタイア後の気侭な人生、デジカメ散歩を謳歌してます。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

自宅周辺の花

自宅周辺の花を、特に小さな花を撮影に向いた、1cmまでマクロ撮影が可能なデジカメ(Finepix HS50)を持ち出してのデジカメ散歩に出ました。

道端の花 20170324-001

道端の花 20170324-002
ヒメオドリコソウ(姫踊子草)は、先端の葉の脇に、小さな唇形をした淡い紅紫色の花をたくさんつける。
葉は卵形で、2枚ずつ向かい合って生える(対生)。 葉の縁には鈍いぎざぎざ(鋸歯)があり、葉には柔らかい毛がはえている。
上の葉は小さく、下へいくほど大きくなって下向きになっている。 上のほうは赤紫蘇の葉をうすくしたような色、下のほうは緑の紫蘇の葉に似ている。

道端の花 20170324-003

道端の花 20170324-004

道端の花 20170324-005
ヒュウガミズキは、近畿地方(石川県から兵庫県)の日本海側の限られた地域の岩場に自生している、樹高1.2~2mの落葉低木です。花は、葉が出るよりも早く3月下旬に2~3個の丸みのある黄白色の小花が花序になって、数多く下垂します。枝は細くたくさん分岐し、半球状の整った樹形になります。刈り込んで樹形を整えることが簡単にできるので、樹形づくりを楽しむことができます。

道端の花 20170324-006

道端の花 20170324-007
ミモザアカシアは、銀葉アカシアとも言われます。春早くに株を覆うほどの黄色い花を咲かせ、よく目立ちます。名前のとおり葉色が銀灰色で観賞価値が高く、庭園樹として人気があります。幹は太くなっても柔らかく、枝葉が茂りすぎると重みや風を受けて枝が地面に接するほど大きく曲がることもあります。幹を添え木と支柱でしっかり支えておきましょう。大きく育つため、ある程度生育したら樹形維持のための剪定が必要となります。ミモザと混同されやすいのですが、ミモザとして流通しているアカシアは別種のフサアカシア(A. dealbata)のことです。フサアカシアより多少コンパクトな樹形もギンヨウアカシアの魅力です。

道端の花 20170324-008

道端の花 20170324-009
スノーフレークは、スイセンに似たすらりとした葉に、スズランのようなベル形の花を下向きに咲かせます。白い花弁の先端に緑色の斑点があり愛らしいです。秋に球根を植えつけると、2月上・中旬に葉が現れて生育し、3月中旬から1花茎に1~4個の花を咲かせます。その後、5月下旬には地上部が枯れて休眠に入ります。庭植えであれば、群植すると美しいです。


自宅周辺 : 千葉市花見川区
FinePix HS50
2017.03.20 撮影
【 2017/03/26 (Sun) 】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

黒ねこ時計 くろック B03
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
のぶさんのブログへようこそ!
Doblog から引越し、早いもので6年を経過し、訪問者も延べ10万人を超え喜んでおります。
千葉市に住み39年、気侭にデジカメ散歩を楽しむ、のぶさんは、孫から、ジイジと呼ばれております。
これからも、元気の証としてブログに写真投稿を続けます。(2015.06.16)

写真は、桔梗の花 
 2010.07.08 撮影

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード